利用者を支える

親愛会では様々な職種の職員が働いています。
もちろん現場の職員(生活支援員、介護職員など)が最も多いのですが、相談員や看護師、ケアマネジャー、サービス管理責任者、管理栄養士、事務員とそれぞれの職種の職員がチームの一員としてサービスをご利用される一人ひとりの生活を支えています。
各施設や役割によって仕事内容も様々、勤務する時間帯も違えば、服装も違います。その中で、同じ目的に向かってそれぞれが協力して働いています。
様々な仕事・勤務時間がありますが、いくつかの例で職員の一日の仕事の流れを紹介します。
生活支援員の主な一日
介護員の主な一日
相談員の主な一日
人の生きるを支える仕事は、言い換えれば、人の人生に寄り添って、幸せな生き方のお手伝いをする仕事だと思います。そんな大切な仕事、人の人生に寄り添うためには、職員自身の生活が豊かで幸せでなければならないと思います。

そのために、職員がそれぞれのプライベートな時間も大切にすることで、より良い仕事ができると考え、ワークライフバランスが保てるよう、福利厚生面や各種制度、そして日々の関わりから職員をサポートしています。

親愛会は私たちが提供するサービスをご利用される方たちはもちろん、それを支える職員も同じように大切に考えています。