法人の成り立ち

親愛会の設立は昭和54年。
知的障害者の入所施設の運営から始まりました。その後、地域の方たちの協力のもとニーズに応えるかたちで様々な事業を展開してきました。

現在では、障がいを持つ方々に対する各種サービスをはじめ、幼稚園・保育園への児童発達支援、一般企業の障がい者雇用を促進する事業、触法障がい者・高齢者の地域生活を支援する事業も行っております。平成27年からは特別養護老人ホームを開設し、介護保険サービスも展開することで、子どもから高齢者まで、法人理念でもある「生きるを支える」福祉を実践しています。
これからも、社会や地域の福祉ニーズに応え、法人を支えてくれるボランティアの方々をはじめ、地域の皆様と共に成長し続けたいと考えています。